予てから予約してたミニアンプMV50が来た。
ミニアンプとか言いながら、MAX50Wまで出るチューブアンプ。
でも手のひらサイズ。w
これは革命的。
KORGの新型チップ、nutubeを搭載したギターアンプなのだが、こいつがまた素晴らしく良い音で泣ける。
ウチのはROCKなのだが、へたなマーシャルよりもそれっぽい音がする。
と言うか、マーシャルって慣れないと意外と使いづらいのだが、こいつはスイッチ入れてつまみあわせば、ごきげんなサウンドが勝手に出てくる。w
其のくらい、イージーな感じで使える。
そういう意味では、ミニアンプのしての使命は全うしてる。
問題なのは、その音が異常に良いことだ。w
従来の真空管アンプは正直初心者には使い勝手が悪いが、こいつはトランジスタアンプのように扱えるのに、音はまぐれもなくチューブのそれなのだ。
別にVOXの回し者じゃないが、コレほど完成度が高いとは思ってなかった。
専用キャビネットもあるそうだが、予算の都合でヘッドだけ入手して、キャビネットは取り敢えずマーシャルアンプの物を使ったが、もうコレだけで十分だった。
普通にロックするなら、ノーエフェクトでもイケた。
こんな革命的なアンプが出現するとは夢にも思ってなかったので、感激である。
もう、デジタルのシミュレーターには戻れない。
本気のチューブサウンドが、ここにあるから。