【オッサンの為のロックギター不定期講座】序章

実は私、「KIYA-HEN」は、エレキギターを弾き始めて、今年で40年を迎えます。
そこで、KIYA-HEN ElectricGuitarPlay40thAnniversary という事で、皆さんが一生懸命勉強に仕事に明け暮れていた大切な時期に、皆さんの代わりにノンビリと蟻とキリギリスのキリギリスの様にギターを演奏してたKIYA-HENが、この40年間に得たノウハウをシリーズとして、必要なら実演も交えて一挙公開しようかと思い立ちました。

先日巷のアマチュアセッションイベントに参加したんですが、普段お仕事に追われる生活をしている割に、皆さんお上手なんですよ。
よく指も動くし、早いフレーズも的確に弾きこなしてるんですが、ちょっと長時間は聞くに耐えないんですね。
仲間内が出演しててイェーって盛り上がってる時って、意外と音なんか聞いてないんですね。
冷静に考えて見るとライブ会場の空気感で盛り上がってるだけで、実は良い演奏に興奮にして盛り上がってる訳ではないと思います。

これがもし知らない人のステージだったらどうでしょう?
知り合いじゃないから盛り上がれないので、思わず音を聞いてしまいます。
その音が聞くに堪えないひどい音だったらどうなるでしょうか?

オレなら帰りたくなります。

そこで、全てのオジサンギタリストに「ぉ!良い音じゃん!」と思われる音を出して欲しい。
そうすれば、見てる人も「もう少し聞きたいなぁ〜」って成ると思うんですね。
なので知らない人のステージでも、いい音だなぁ〜って思えれば、苦痛ではないんですよ。

果たして、需要があるのかどうかは分かりませんが、具体的な運指テクニックではなく、座学的な知識レベルのお話を中心に、日頃の練習のヒントに成ればと思います。
具体的な運指テクニックとかは、オレなんかよりも上手い人は沢山居るので、そういう方々にお任せするという事で、ここでは主にサウンドメイキングに焦点を当てて見たいと思っています。
開始時期とか、どんなシステム(料金とかネ)にするか思案中ですが、

題して【オッサンの為のロックギター不定期講座・サウンドメイキング編】とでもしましょうか。

もちろん、オジサンじゃなくても大歓迎です。
若い人でも女性でOKです。(^^)
で、当面の予定といいますか、お題目をチラチラと…

Continue reading “【オッサンの為のロックギター不定期講座】序章”